10月27日ジュニア・プログラミング検定試験実施します!無料体験も随時実施中!

Tech for elementaryを運営する代表に取材してきました。

「自由研究研究所」「Tech for elementary」というフランチャイズに加盟し、カリキュラムの提供を受けています。

Tech for elementaryは、よりたくさんの子どもたちにプログラミングに触れて欲しい、プログラミングを通してもの作りの楽しさを感じて欲しい、そしてプログラミングを通して学んだ事が子どもたちの将来に必ず活きてくる、という思いでスタートしたプログラミング教室です。

このような理念を掲げる、東京の株式会社エクシードが提供するフランチャイズ事業となっております。事業展開してまだ2年目にも関わらず、すでに加盟教室が日本全国で160を超える急成長真っ只中の会社です。

ちなみに「Tech for elementary」の名前ですが”Tech”はTechnologyの略で「テクノロジー」。elementary「エレメンタリー」は初歩や初心者、elementary schoolで「小学生」という意味があり、「小学生や初心者がテクノロジー」を学べる教室という思いで名付けられています。

私自身、函館では”無風”である子供向けのプログラミング教室をやりたいなと、にわかに考え始めていろいろ調べたところ、数あるプログラミング教室やロボット教室の中で、通わせたい親の経済的ハードルを一番下げることができるフランチャイズではないかと思っています。

いざ函館で始めようと思った時に、これから”大親分”になる方に仁義を切らなきゃいけねえ!(「男はつらいよ」第5作「望郷篇」で寅が正吉親分に会いに、札幌まで来たように!)と思い、はるばる東京に取材に行きました。

なにやら代表の尾市さんはプロフィールによると、北海道出身とのことなので、ますます親近感がわきます!

今回、取材を行った場所は東京は上野にあるシェアオフィス「いいオフィス」で行いました。尾市さんはよくここで仕事をするのだそう。

今回は私の小学4年生の娘も「カメラマン」として同行しています。取材は午後からだったので、午前中はパンダの「シャンシャン」には目もくれず、上野の「国立科学博物館」へ行ってます。あそこはいつ行ってもワクワクしますよね!個人的にはミッキーのとこよりも断然楽しめます。

その後は、方向音痴が欠点な私は、スマホの「グーグルマップ」にかじりつき、必死に探しながら打ち合わせ場所に向かい、何とかたどり着きました。

それでは取材開始!

今回は代表取締役の尾市守さんと、取締役の澤部愛子さんにお話をさせていただきました。

まずは最初の名刺交換。

せっかくなので娘にも体験させてみました。快く引き受けてくれる尾市さん。

なお、娘の名刺は冬休みの自由研究で作った「自作パソコン」の記事を紹介するURLが入った名刺となっております。さすがに作ったパソコンは学校に持っていけないため、娘自ら記事にして、URLを載せた名刺を渡す形にしたものです。記事はこちら→冬休みの自由研究でパソコンを組み立てたよ!

 

三上

この度は取材を受けていただきありがとうございます。尾市さんは北海道出身ということですけども、北海道のどこにいたんですか?

尾市さん

生まれは釧路ですが、すぐ親の転勤で函館です。1歳から高校1年まで函館でしたよ。高校は1週間くらいですぐ転校となりましたけどね。

三上

えっ!!バリバリの”ハコダテ人”じゃないですか!

そう言って、グーグルマップストリートビューで自分の住んでいた家の画像を見せてくれる尾市さん。

尾市さん

ふるさとは函館って感じですね。僕自身函館にいて、小学校2年生くらいのときに親が教育熱心でMSX(8bitパソコン)を買ってくれんですね。

MSXとは‥パソコンでありながらテレビに接続し、カードリッジROMが入るという、多分当時子供でも初めてプログラミングが体験できた機械。なんか親戚のお兄ちゃんが持ってた気がする。

三上

函館で持ってる人いたんですか?←(函館なめてる)

尾市さん

僕の世代は流行ってましたよ。友達でもMSX持ってる人は4人くらいいましたね。そのあとファミコンが出ちゃって淘汰されましたけどね。

三上

ファミコンは持ってなかったんですか?

尾市さん

ファミコンも買っちゃいましたよ!やっぱり有名タイトルとかが出るとやりたくなりますよね。ゲームもそれなりにやってましたけど「歴史シミュレーションゲーム」が好きでしたね。

三上

私もよくやってましたよ!「コーエー」ですよね!?しかし尾市さんが函館の人だったとは!最近で函館に来たことはありますか?

尾市さん

5年位前に行きましたね。その時思いましたが、「函館ってこんなに人が少なかったっけ?」という印象は受けましたね。調べたところ函館の人口減少率が他に比べても高くなっていますよね!?夜に函館山に行きましたけど中国の方ばかりでしたね。

 

MEMO
函館市は2014年の「日本創成会議」の人口減少問題検討分科会において「消滅可能性都市」と定義されている。

三上

いかに観光都市函館と言っても田舎というイメージは強いですね。加盟のフランチャイズさんで地方部も結構あるんですか?

澤部さん

教室数的には関東が多いんですが、地方部の教室での生徒獲得数が結構多かったりっていうのはありますね。

三上

やっぱり地方にこそ需要はあるんですね。私も地方部こそIT教育は必要だと思います。特に思うのは、あまり耳にしたことのない大学を出たという子よりも、例えば中学校でエクセルの資格を取っている高卒の子とかの方が、即戦力になるという点で今後は就職に強いんじゃないかと思っています。

尾市さん

おっしゃる通りですね。

澤部さん

最近は入試がパソコンというところもでてきてますしね。やはり小さいうちからパソコンに触れる環境というのは今後ますます重要になってきますよね。

尾市さん

青山学院の中等部はプログラミングが受験科目になったりということもありますよね。

 

三上

加盟教室さんで個性的なところってありますか?

澤部さん

PR tableに掲載されている教室は個性的ではありますね。
MEMO
PR table‥企業・団体の思いを届けるストーリーテリングサービス。「Tech for elementary」加盟教室の開業までの道のりなどが詳しく掲載されている。

Tech for elementary加盟教室の記事はこちら

三上

実は私も強力な個性で攻めようと思ってまして笑

おもむろに、眼鏡と白衣を取り出して着だす。

三上

イメージとしては世界征服をたくらむ悪のロボット博士って感じです笑

尾市さん

澤部さん

澤部さん

お子さんには受けるかもしれませんね。割と塾の講師とかで白衣着ている方も増えているみたいですね、清潔感が出るということで。

尾市さん

いや~、面白いですね~。こういう展開は今までにないかもしれませんね~!

尾市さん

ほかの加盟者の方は、割と真面目な方が多い感じです。アッ!いや、三上さんが不真面目って意味ではないですよ💦

三上

大丈夫です笑。私にとっては誉め言葉ですから!!!

澤部さん

プログラミング教室に通わせる親御さんって、ちょっと考え方が違うと思うんですよね。普通なら塾に通わせると思うので。なんかこう、子供がワクワクするようなことを伝えられる先生だといいのかもしれませんね。

三上

人柱のつもりでやろうと思ってます。私が失敗したらあそこまでやっちゃダメなんだという反面教師になるという笑

ほかにもたくさん函館の話や、ほかのフランチャイズさんのお話、プログラミング、ロボット教育業界のウラ話など、また私の前職の話などをして盛り上がりました。文章にできない内容もけっこうあります笑。

三上

最後に一点だけ教えてください。「Tech for elementary」のカリキュラムは映像学習がメインとなっていますが、あの動画で解説しているナレーションの人ってお笑い芸人の「東京03」豊本さんじゃないですか?

澤部さん

えっ‥。いやいや、うちにそこまでの力ないですよ💦ウチのエンジニアの竹下ですね。

三上

声がそっくりなんですけど!

尾市さん

澤部さん

三上

記事でネタにするんで「竹下さん」にお断り入れといてください。

尾市さん

わかりました笑

そんなわけで、約1時間30分もの間、お話させていただきました。

尾市さんと澤部さんのプログラミング教育のフランチャイズ開業までの歩みはこちらから詳しくご覧になれます。

尾市さんのストーリー澤部さんのストーリー

今回は日本全国にプログラミング教室のフランチャイズを展開する、株式会社エクシード代表取締役 尾市 守様取締役 澤部 愛子 様に取材させていただきました。

函館出身で素晴らしい事業をやってるということで、誇らしいですね。

また、お笑い芸人「東京03」の豊本さんのファンは声が気になるところでしょう。全国の加盟教室へ急げ!

Tech for elementaryの加盟教室一覧はこちら